イベントは 終了 です

参加の技法 ToP®︎ Meet Up Jun 12 「SDGs活動報告」

詳細

参加の技法 ToP®️ MeetUp Jun 12  

「SDGs活動報告 中小企業とNPOのケース」


持続可能な開発目標SDGsが2015年9月国連で採択され、日本国内でもSDGs17
ゴールに向けて様々な取り組みが活発に進んでいます。

行政・自治体・NPO・企業と広範囲で多様なパートナーと共に活動を推進している
皆さんと、それぞれの事例を共有し、課題を持ち寄って、活動推進について対話し、
つながる場をスタートしました。

国際協力や地方活性化に取り組んできたICA文化事業協会には、参加の技法ToP🄬
というファシリテーションや参加型組織開発のナッレッジと活動成果が集積して
います。

6月12日から始まるラーニングコミュニティー「参加の技法ToP🄬 Meet Up」に、
皆様の参加をお待ちしています。

チケットを入手してイベントに参加しよう!

„ タイトル:SDGs活動報告 中小企業とNPOのケース 

„ 開催日 :2019年6月12日(水)

„ 時間  :18:30~20:30

„ 会場  : 東京都中央区立京橋環境情報センター 

      東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン6階 

„ アクセス: 地下鉄銀座線 京橋駅より徒歩2分

   https://eic-chuo.jp/access/

„ 参加対象: +国際協力・地方創生の分野で活動している方

        +SDGsに取り組み目標達成を目指している方

       +NPOや地域コミュニティで活動している方

       +ファシリテーションを学習し活用していくことを目指している方

       +このMeetUpに参加を希望する方はどなたでも参加いただけます。    

„ 定員  : 30名

„ 参加費 : 無料

„ 申込み方法 :申し込みウエブサイト Peatix より申込み受付



【プログラム概要】

„ オープニング 開催挨拶 

„ SDGs活動報告

1.環境エネルギーに取り組む中小企業: ICC株式会社代表取締役 菅野孝治 様

「1000年つづく環境つくり」を経営理念に、中小企業が循環型社会・低炭素社会の

構築に寄与できる様に事業を推進しています。

2.ネパール大震災後の復興事業  : NPO ICAジャパン代表 佐藤静代 

2015年の大震災の被災者を対象とした生計向上の活動拠点となるトレーニング

センターの建設や地域住民の声に寄り添いながら有機農業・縫製などの技術研修を

実施しています。

„ フォーカスカンバセーション 1・2 :各事例報告について焦点会話

„ ICAナレッジシェアリング : 焦点会話手法ミニ解説 



„ 主催 : ICAJ紹介

ICA文化事業協会(ICA-J)は、1980年より途上国を中心に貧困削減、自然環境

保護、女性と子供のエンパワメントなどの事業を実施している非営利団体です。ICA

インターナショナル(ICAI)に加盟しており35か国にあるネットワークと連携して

います。「そこに住む住民が、地域の専門家である」というアプローチから、活力のある

経済、生きがいのある生活、平和な地域を目指した活動を行っています。ICAIは、

国連の経済社会理事会(ECOSOC)の協議資格を有しています。

„ SDGsについて

 2001年より2015年まで実施された国連ミレニアム開発目標(途上国の目標)MDGsの

後継として、2015年持続可能な開発目標SDGsを採択しました。持続可能な開発のため

の2030アジェンダとは、すべての国に適用される包括的で互いに関連する17ゴールと

169ターゲットを普遍的な目標です。
2019/06/12 (水)
18:30 - 20:30 JST
カレンダーに追加
会場
京橋環境情報センター
チケット
一般・会員 無料 満席
会場住所
東京都中央区京橋3-1-1 日本
主催者
ICA Japan (ICA文化事業協会)
フォロワー数: 25